スイス週末日記 平成13年11月17日(土)〜11月23日(金)

週末に訪れたスイスの町やイベントを独断と偏見で紹介します。

 

 

[PR]格安航空券
[PR}夏休みの海外ホテル予約はコチラからどうぞ!

 

 

 

2001/11/17(土)「シュタイン・アム・ラインに行く」

チューリッヒから東に1時間,シュタイン・アム・ラインに行きました。直訳するとライン川の石(宝石)という街だけあって300メートル程度の小さな旧市街ですが,建物に絵が書いてあったり,細部まで中世の雰囲気を保っていてきれいでした。

今日は1000円の手袋を買いました。暖かい。

 

2001/11/18(日)「チューリッヒ博物館に行く」

ピカソの青の時代のサーカス芸人の絵や,ゴッホの耳を切った後の自画像など,本で見たことのある絵が多く展示されていた。訳のわからない抽象画より,印象派あたりの絵がいいと思う。ピカソは別格だな。

 

2001/11/19(月)「シャワー」

スイスの三ツ星以下のホテルでは,ほとんどがシャワーしかついていない。(←実は四つ星以上に泊まったことがない)どうもスイス人は風呂がなくてもシャワーで生きていけるようだ。温泉はあるが,水着を着てはいる。湯治的な使い方とクアハウス的な使い方をするようだ。

 

2001/11/20(火)「笑顔」

スイスに来てドキッとしたのは,知らない人とすれ違うとき,目が合うとほとんどの人がニコッと笑って「グリュエッツイ」と挨拶することだ。それが美人だったりすると,とてもドッキリする。でも,それは思い過ごしで,スイスの一般的なマナーまたは習慣のようだ。でもこれはいいマナーだと思う。日本で私にニコリとされてドキッとしないでね。(←する訳ない)

 

2001/11/21(水)「ホテルの朝飯」

今,宿泊しているホテルではパン,チーズ,オレンジジュース,コーヒー,ハム,コーンフレーク,牛乳,フルーツ,ヨーグルトと色々な種類のものを食べられるので,これが普通と思っていたが,最近行ったジュネーブ方面の宿では,朝食が「パン2個とコーヒー」だけということが2度連続した。これをコンチネンタル・ブレックファストと言うのかもしれないが,でも,それは寂しすぎない?

 

2001/11/22(木)「コーヒー」

研修中のスイスの会社でのコーヒーはコーヒーメーカが作ってくれる。エスプレッソも作れる。というよりも,コーヒーはエスプレッソより多くお湯をドリップして薄くしたものなのだ。だからコーヒーといってもかなり濃い。そこで職場の女性は,コーヒーをさらにお湯で割って薄くしている。

 

IMAGE717001.JPG - 9,423BYTES

シュタイン・アム・ラインの旧市街

 

 

 前へ | 次へ

 

スイス週末日記へ 

 Copyright (C) 2002-2006 読書普及研究所, All rights reserved.