スイス週末日記 平成13年11月10日(土)〜11月16日(金)

週末に訪れたスイスの町やイベントを独断と偏見で紹介します。

 

 

[PR]格安航空券
[PR}夏休みの海外ホテル予約はコチラからどうぞ!

 

 

 

2001/11/10(土)「ジュネーブに行く」

寒い。寒い。寒い。あまりに寒くて美術館の場所を地図で探すのがつらい。さらにジュネーブの町は入り組んでいて自分の位置さえわかりにくい。やっとたどり着いたプチパレ(近代美術館)は改装中で休館。寒いので近くの美術歴史美術館、時計博物館、自然史博物館をまわる。入場料が無料なのはうれしい。その後レマン湖まで歩き、湖岸のイギリス公園を通って、モン・ブラン橋をわたる。吹きっさらしで寒い、寒い。ホテルで一時休憩するが、寒さで頭痛がしてきた。夕食は中華にした。お茶が体を暖めてくれる。元気がでてきた。

2001/11/11(日)「ジュネーブ後半」

朝ジュネーブの旧市街を一回り。サン・ピエール大聖堂を中心とする旧市街はアンティークの店が多いようだ。時計を持っていないので懐中時計でも買ってみようか。中心街ではほとんどの店のガラスがスプレーで落書きされていた。これは店にとってはテロ攻撃みたいなものだろう。犯人を特定しにくいし、対策が難しい。スイスも日本と同じようにこのようなことをする若者(←私も少し前までは若者と思っていたが・・・)が増えると将来は暗いだろう。

今日の帰り道は、ニヨンのスイス国立博物館、モルジュの軍事博物館、ベルンのベルン美術館を経由することにした。

・ニヨン

電車でとなり駅のPrangins(←発音できない)へ行き、スイス国立博物館へ歩いていく。ここは古い城を改装したもののようだ。一階のレストランに入ったが、そこのブランチ・ビュッフェがめちゃうま。パテ、サーモンのようなオードブルから鳥肉、ベーコンとパンまで全てがうまい!手作りケーキとコーヒーで締めましたが大満足。約3000円と高めな価格なのにほとんど満席だった。「食事ではイギリス人はマナーを、ドイツ人は量を、フランス人は味を重要視する」ようだが、やはりフランス語圏なので料理がいいのだろうか?スイスで過ごした3か月間で最良の食事だった。

・モルジュ

モルジュの軍事博物館は銃の展示が充実していた。戦争のジオラマを見ていると、やはり戦争は殺し合いでしかないことを実感させられる。

・ベルン

ベルン美術館ではピカソの特別展をやっていたが、もう4時20分と閉館まで40分なのでピカソはパスした。ベルンはいつ来ても振るやかだが、スイスの日曜日は店がスーパーとレストラン以外はやっていない。無駄な買い物をしないですむのでうれしいが、でも少しさびしい。

 

 

IMAGE716002.JPG - 9,935BYTES

ジュネーブの美術歴史美術館

 

 

IMAGE716004.JPG - 8,194BYTES

ショウウィンドウの”STOP WTO”の落書

 

 

IMAGE716006.JPG - 7,484BYTES

ニヨンのスイス国立博物館

 

 前へ | 次へ

 

スイス週末日記へ 

 Copyright (C) 2002-2006 読書普及研究所, All rights reserved.